映画「首相官邸の前で」 反原発デモを記録 社会学者・小熊英二氏が監督

Event

main_s

反原発デモを記録した「首相官邸の前で」が9月2日から渋谷アップリンク(渋谷区宇田川町37-18)で公開される。社会学者の小熊英二氏が初めて映像作品を監督した。

福島第一原発事故後、首相官邸前で行われた抗議行動を記録した。インターネットで公開されている自主撮影映像を編集、事故当時の首相だった菅直人氏、原発に近い地域からの避難者、活動家ら8人をインタビューした。

小熊氏は「<民主>と<愛国>」「1968」などの著作で知られる。制作のきっかけについて小熊氏は、「歴史学者であり、社会学者ですから、記録はするべきだと思った」と、WebDICEのインタビューで語った。構成については次のように述べている。

地理的にも時間的にも、現在の日本からは距離のある人々の視点に立って編集した。

学者のつくる作品らしく、社会科学的な視点もまじえて、フラットに歴史を記録したつもりです。

8月5日には作家の高橋源一郎氏、8月19日には小熊氏が登壇する先行上映会も開かれる。

9月2日から隔週水曜日に公開。上映後に、映画の感想を語り合うディスカッションの場も設けられる。チケットのオンライン購入などはアップリンクのウェブサイトへ。

撮影/生津勝隆_s

小熊英二氏=生津勝隆氏撮影