旅行は福島へ 自治体、観光業界がキャンペーン

Event Fukushima

福島県は、観光振興を目指す「ふくしまデスティネーションキャンペーン」を実施中です。地元観光業界、自治体などが全国の旅行関係者と連携し、6月30日までの期間中、さまざまなイベントを企画しています。

キャッチコピーは「福が満開、福のしま」。県全域を対象としたキャンペーンは2001年以来で14年ぶりといいます。キャンペーン終了後もにらんで、リピーターの獲得や地域経済の活性化を目指しています。キャンペーンに合わせて臨時列車も運行。特別列車「フルーティアふくしま」では、県産のフルーツを使用したスイーツが車内で味わえます。多くのイベントの中から、気になる企画をピックアップしてみました。

【小原庄助のんびりプラン】
県内一円、約100施設で「朝寝、朝酒、朝湯」に加えて、プラスアルファのおもてなしを用意。希望者は、予約時に同プラン利用を伝える。朝酒代500円除き、原則無料。

【あぶくま洞穴の世界竹取物語】
田村市のあぶくま洞を、竹灯とイルミネーションでライトアップ。6月1日まで。

【食が満開 郡山美味しい街フェスティバル】
郡山市内の飲食店や食品小売店などの参加店をめぐるスタンプラリー。抽選で磐梯熱海温泉の宿泊券、スパリゾートハワイアンズのペア招待券などが当たる。

【フルーティアふくしま】
郡山駅と会津若松駅を結ぶ特別列車。福島産の旬のフルーツを使ったスイーツを車内で楽しめる。5月下旬まではいちご「さちのか」を使ったスイーツを提供。

【周遊特別企画 プレゼント&ポイントキャンペーン】
宿泊施設・店舗などでポイントを集めて応募すると、抽選で宿泊券などが当たる。スマートフォンでも、ポイントを集められる。12月31日まで。

Source:ふくしまデスティネーションキャンペーン